FC2ブログ
人生を面白おかしく作り上げるために、口ぐせ理論展開中?☆ 暇つぶしに如何?
降リ注グ雨、宙ニ消エユク煙

2005-07-19 Tue 18:51
まるで絹の帯のようになめらかに、ソラへ上って消えていく白に近い青

荒々しくも繊細
そして、有毒

気管を擦り抜けるメンソール
鮮やかに、一瞬強く燃える朱
それらすべてが、うだる暑さの中に心地よさを感じさせる

あの日の苦さはもう覚えてない…

雨の中冷たくなってしまった君を見つめながら、一時の別れに涙した2年前

肌にまとわりつく雨と熱気に紛れて消えていく同じ紫煙を君の隣で飲み込んだ

早くまた会いたいよ
抱き締めて謝りたい
あの日、君と別れると知っていたら
もっと…
後悔のなかの偽善
それはただの自己満足?

だけど愛していたのは…真実

あの日から比べると強くなれたよ

最後の呪縛が消えたみたいに、僕は歩きだしたから

「一緒に行こう」
君が居ない場所に声をかけた
あの日から1年半

君が眠る場所はあの日みたいに、いつも雨に濡れている
そう遠くない未来にまた出会うけど
そこは大切な場所
同じ季節を過ごした君が眠っているから

遠くない未来…
君の瞳、肌の温もり、僕を呼ぶ声
たとえ僕の目に映るものがすべてが変わってしまっていても…
僕は君を見つけだすよ

白と黒の混ざる灰皿に火を押しつけて、僕はまた歩きだす

僕らはもう一度出会うから
別窓 | 言葉遊ビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

BACK | 四の五の言わずに言っちまえ!! |
BlogPeople